飲ませ(泳がせ)釣りにおすすめのバッカン(バケツ)5選

飲ませ(釣り)で必要になるのがバッカン(バケツ)とエアーポンプ 以前エアーポンプを紹介したので今回は活かしバッカンを紹介していきたいと思います。

専用のバッカン(バケツ)で生き餌を元気に保管しましょう!

専用の活かせバッカン(バケツ)のメリット

飲ませ専用のバッカン(バケツ)は通常の水汲みバケツと比べて容量が大きいのが特徴です。水汲みバケツで魚を活かしておいた場合、やはり水の量が少ないため多くの匹数を長時間活かしておくことはできません。

飲ませ専用バッカン(バケツ)では、容量が大きいため生き餌を長持ちさせることができるのです。また、飲ませ専用バッカンにはエアーポンプを取り付ける部分があるため、お使いのエアーポンプを使用することもできます。

バッカン(バケツ)を使うときの注意点

バッカンを使うときに一番気にしたいポイントは水温です。基本的に飲ませ専用バッカンを使っているときは水換えは少なくて大丈夫です。しかし、夏などで気温が高くなると水温がすぐに上がってしまうので、多めに水換えをするようにしましょう。

おすすめのバッカン5選

バッカンは様々なメーカーから使いやすいように工夫されて販売されています。自分のお気に入りのバッカンを見つけましょう!

その1 ダイワ キーパーバッカン

ダイワ キーパーバッカン D45(A) ホワイトダイワの飲ませ専用バッカンであるキーパーバッカンは、飲ませ釣りに必要な機能が数多く備わっています。メジャーなど便利な機能が付いているのもおすすめです!

また、飲ませ以外でも撒き餌入れや、荷物入れとしても使えます。

その2 ダイワ 活かしバッカン

ダイワ(Daiwa) 活かし バッカン R30CM(H) ホワイト活かしバッカンはキーパーバッカンより簡単な作りになっていますが、値段も4000円弱と、手頃な価格になっています。フタやエアーポンプ入れが付いておりおすすめです。

その3 シマノ フィッシュバッカン

シマノ(SHIMANO) 水汲み バッカン フィッシュバッカンEV BK-026Q ホワイト 45cmこちらのバッカンはシマノから発売されており、強度や耐久性に優れているといえるでしょう。生き餌用のバッカンとしてだけでなく、撒き餌や道具入れなど幅広く使えるおすすめのバッカンになります。

その4 コスパ優先バッカン

バッカン  折りたたみ  フィッシュグリップ 付安くで済ませたい方におすすめのバッカンです。値段の分、耐久性や質感などに不安は残るものの、コスパは優れているといえるでしょう。とりあえず買って見るという方にもおすすめのバッカンです。

その5 水汲みバケツ

ダイワ(Daiwa) 水汲み バケツ バッカン S19(J) ホワイトバッカンを買うほどでもない、という方は水汲みバケツで代用することも可能です。エアーポンプは横に立てかける感じになりますが、5-10匹であれば活かしておくことができます。

その6 ハピソン エアーポンプ

ハピソン(Hapyson) 乾電池式エアーポンプ YH-708B生き餌用バッカンの紹介の最後におすすめのエアーポンプを紹介させていただきます。値段も2500円ほどと手頃で、バッカンに取り付けられるのでおすすめです!

他にもエアーポンプを探している方はこちらを参考にしてください。

飲ませ(泳がせ)釣りにおすすめのエアーポンプを紹介!
飲ませ(泳がせ)釣りで大切になるのが生き餌の保管です。動きの良い餌を使うことで圧倒的に釣果に差が出る飲ませ釣りでは、元気に生き餌を生かしておくのが大切になります。そんな飲ませ釣りにかかせないエアーポンプを紹介していきます。

コメント